fysr

ぽつぽつ日記ブログ。

falling away from me

若いころ、同じような出身の友達と、
「親の金で大学に行き、運転免許を取り、一人暮らしをしてなんだか幸せそう」な
人たちのことを、散々悪く言った。
 
どんなふうに悪く言ったかは覚えてないけど、
心の中に、妬みや蔑みがあった。
最初からちゃんと生きる準備が整ってる奴らは良いですねぇ。
生まれてから、周りにお金があって、自分を大事にしてくれる環境があって、
そりゃ、何も考えなくても、ちょっとは悩みがあったとしても
子どもの頃からすくすくと自尊心を育てて、良いですねぇ。と。
 
最近はそんなこと、思わなくなったと思う。
人には人の人生があって、僕には想像できないものを抱えてるっていうことが
とてもよく分かったから。
若いころの自分を、とても愚かだったな、と思った。
彼らをうらやましかったんだと思うけど、自分の抱えてる問題とは
またベツモノなんだから、切り離して考えないと多分前には進めない。

先日、妹が大学へ進学した。
とても頭のいい子で、頑張って勉強してるのも知ってる。
だけど、当然のように大学へ行き、マンションで一人暮らし、
「一応、とっとくだけとっておこうと思って」と自動車学校へ通い、
「来年から都会の人になる!」とウキウキしている彼女を見て、
若いころの気持ちがふつふつと湧き上がってくる。

僕の小さなころ、暴力で子どもを制するシングルマザーだった母は
彼女を育てる時には、寛大でおおらかで、誰かの妻だったんだから
そりゃ、何もかも違う。子どもだって、違う性質に育つだろう。
僕だって、妹のように育てられていたら、頭の良い大学に行けていた、
なんてことは、全く思ってない。それは、彼女の頑張りだって思ってる。
だけど、自分が頑張れるんだ、と思える心を
小さなころから育てられていたら、と、思う。
大人になってから、そういう心を自分ひとりで育てるのは、
出来ないことはないんだけど、結構つらい。
僕の小さなころだって、母はお金がなかったわけではないだろうけど
いつもなんでもお母さんに謝りたい気持ちでいた自分には
自分に何かが出来るなんて思えなかったよ。

この前、その同じような出身の友達と話す機会があって
その子もまだ、こういうアレルギ―なものを持っている、と言っていて、
少しだけほっとしてしまった。
「もういい大人だから微笑ましく見えるようなってきたけど」とも言っていて、
それもそうだね、とも思う。
身近にそんな人種が現れるまでは、微笑ましく見えるようになってたはずだった。
彼女のそばにいると、自分がクズに思えてくる。
自分なりに充実した人生を送ってるつもりなのに、
どうしようもなく、つらい。
こんな自分は嫌だ。誰かに抜け出す方法を教えてほしい。

なんでこんな簡単なことも出来ないの


最近、職場で新しく入られた方のサポートに入ることが多くて、
仕事の飲み込みが遅かったりすると、つい、
「なんでこんな簡単なことも出来ないの!?」と、
思ってしまう自分がいます。

だけど、そういう考え方はあんまり良くないと思う。
「なんで」なんて言ったところで(絶対そんなこと言わないけど)
その本人には分からないだろうし、
「簡単なことも~」なんて、驕りだと思う。
自分が出来る人間なんだって、エッヘンしたいだけなんだと思う。

それに、「なんでこんな簡単なことも~」なんて
自分がさんざん言われてきて、悲しい思いをしたことなんだから
本当はそんなこと思うのもイヤなんだけど、
ついつい、思ってしまう。

「なんで!」って思うたび、ちょっと落ち込むんだけど、
頭の中で、冷静に反論してくれるもう一人の自分を作ってみた。

この方は、ゆくゆくは自分たちと同じような仕事をすることになって
相談相手にもなるはずなんだから、対等に仕事が出来る関係を
作っておこうね、そのためには相手を尊重して対応しようね。

って、冷静な僕が、怒ってる僕と、むやみに落ち込んでる僕に話しかける。

二人とも、「そうだよね…」といって引っ込む。
引っ込んでは、また振り出しに戻ることもあるけど、
また冷静な僕が登場して、くりかえし。

知性のある人間でいたいな、と思う。
一瞬の感情だけに振り回されたくないな、と思う。
(だいたいのことは・楽しいこと以外は)
なので、これは自分自身のコントロール練習でもある、と思う。

許すも許さないも。

人を許さないでいるということは、自分の頭の容量の一部を、
ずっとその人に使われているということだと思う。

だいたいの嫌悪感や憎しみは、「そんな人のこと考えても時間の無駄だから」と
流せるようになったと思う。
僕の脳みそも人生も有限だから、もっと楽しい事に使いたいって思う。
だけど許しても許しきれないことも、ある。

15年も前のこと。
僕がまだ中学生で、母と義父と暮らしていたころ、
お酒を飲んだ義父に暴力を振るわれたことがあった。
それまでにもちょこちょこそういうことがあったんだけど、
その日が一番大きかった。

義父が寝てしまったころ、母と義父と同じ職場のおじさんとその奥さんが
家に来てくれて、事情を聞いてくれたんだけど、
その時に、その2人は僕に「男親だから仕方ないよ」と言ったんだ。
これまで優しくしてくれた、僕たちを救ってくれると思ってた2人から
そんな事を言われるとは思わなくて、すごくびっくりして、
それからは2人に関わらないように避け続けて、会っても無視するようになった。
しばらくはその時のことを何度も思い出して、「絶対許さない」と思った。

最近母から、その2人が会う度その時のことを謝ってくるんだと聞いた。

謝っても遅いことって、ある。
今の自分が同じことを言われても、その気になれば
その何倍もの言葉をもって反論することが出来ると思う。
だけど、当時の自分は子どもだったし、暴力に怯えていたし、
今よりまだまだ心が発展途上だったんだから。
謝られても、どうするの、と、思う。
自分の行いを悔い改め、謝りたいと思うことは大切なことだと思う。
だけど、謝られても、その時感じたことはもうすでに、
僕という人間の形成に大きく影響しているんだから。良くも悪くもね。

不思議なもので、暴力を振るった義父については
許すとか許さない、という感情はもうあまりない気がしてる。
どうでもいい、が一番近い。思い出しても、心がざわつくことはない。
どうでもいいけど、どうぞ、一人で、一生、冷たい部屋で、
美味しくもないご飯を食べて、寂しく死んでいってください、とはたまに思うけど、
これは、頭に刺激がほしい時に思考遊びとして、嫌な記憶を敢えて使っているだけで
本心ではないんだ。