フユスル

どこかで浮遊しています。

お金の使い方。

ついに、念願だった占星術の勉強を始めることにした。

ほぼ無職のくせに、仕事をしていた時よりもお金を使っている。
しかも、自分としてはかなり現実味のあるお金の使い方。
「本当にそれが必要か」を何度も考えて支払うお金。
自分が学ぶために、支払うお金。



仕事に就いていた頃は、極力お金を使わないようにしていた。
お金を使うのが怖かった。
「自分には衝動的なところがあるから、後先考えずにお金を使ってしまう」
という自覚が、どんどん自分を追いつめて、貯金通帳を見ないようにしていた。

服を買うのも、罪悪感を持って買っていた。
これは無駄使いかもしれない、衝動性かもしれない、と疑っていた。
破れた服を、もう着られないということを何度も何度も確認して、買う。
服は古着ばかり持っている。

そうすると、必ず逆効果な出来事が起こった。
ついつい衝動買いをしてしまう。
仕事の休憩中に、お菓子を買う。
1日500円ぐらい使って、それが毎日だったりとか。
それを見て「やっぱり自分は衝動的なんだ」と思って、
また財布の紐を固くした。



無職になるにあったって貯金通帳を見てみると、思ったよりも貯金出来ていた。
自分が思うほど衝動的じゃないんじゃないの?と、少し安心した。

とはいえ豪遊できるような金額では到底ないんだけど、
ほぼ無職になって、自由にできる時間が出来た最近、
「まぁそれなりに貯金もあるし、失業保険ももらえるし、
自分の為になる事でお金使ってみたら?」と思い始めてきた。

ので、勉強を始めることにした。
そういうお金の使い方が出来て嬉しい。

欲を言えば欲しい靴とか財布とかもあるんだけど、
買い替え時が分からなかったりする。

前から欲しくて、しかも図書館にもおいてない本がある。
それぐらいは買ってもいいのかな。