触れられるのが苦手、という話。

人に触られるのが苦手です。

突然抱きしめられたり、腕を掴まれたり、頭を触られたりされると、
固まってしまいます。
声も出なくなることが多く、とりあえず笑顔を作ることに必死だったりもするので、
感情が読み取りづらい(もしくは嬉しそうに見えるらしい)ようですが、
本当は、心臓止まるんじゃないかというぐらいダメージを受けています。

『シンプル・シモン』の主人公は、「触らないで アスペルガーです」という
缶バッジをつけていたけど、その気持ちはすごく分かる。

でもあの缶バッジが認識できるほどの距離まで近づかれてからじゃ
「触らないで」というお願いは聞いてもらえないような気もするので
自分が使うには現実的じゃない気もします。

会うたびハグと頬にキスをしてくる方がいるのですが、
いつも回避できないでいます。そして数日間ダメージが残るという。
イイホウホウハナイモノカ…。


昨日、いろんな人から抱きしめられて苦痛だけど声が出ない…!

という悪夢を見て、とても不愉快な気持ちで目覚めました。

正夢だったらどうしよう。